第24回|売りたいならマーケットイン思考。For Youの精神を忘れてはならない

こんばんは。あっきーです。

前回で実践編が終わり講座も終盤に突入します。

ここからは、上級マインドを少しお話ししていこうと思います。

 

テーマは「マーケットイン思考・ForYouの気持ちを忘れてはいけない」ということです。

マーケットインというのは、簡単に言ってしまえばお客様のための商売です。

 

常にお客様のことを考えて、商品やサービスを改善していくということです。

これはブログを使ったビジネスでも同じで、「常に読者のためになることを書けているのか?」

ということです。

 

つまりForYouの精神「常に読者の目線、立場になって記事・文章を書く」ことが重要になってきます。

これは読者に商品を紹介するうえでも非常に重要なマインドです。

読者の目線に立って記事を書いたり、文章を書いたりしていれば、自然といい記事が出来上がって、売り上げも伸びていきます。

 

これに対して「自分が商品を売りたいから売る」というのをプロダクトアウト思考といいます。

いわゆる殿様商売というやつですね。

これではお客様に嫌われてしまうし、満足させることもできません。

 

こういった思考でビジネスをやっていると、お客さんはどんどん離れていき、また買おうかな?というようなリピーターも獲得できないのです。

 

だから常にお客様・読者の目線に立って記事を書いていかなければならないのです。

売り上げが伸びている店もみんなマーケットイン思考ですし、

成果を出しているアフィリエイターもみんなこの思考を持っています。

 

しかし、自分の利益だけを追い求めていてマーケットイン思考を忘れている場合、

言い方が悪いですが店はつぶれます。ブログを書いても過疎ってしまいます。

 

要は記事を書くときに自己満足の記事にしてはいけないということです。

初めはアクセスが少ないかもしれませんが、

たった一人でもいいのでその読者さんに対して価値のある情報を提供する。

これができていると読者はまたほかの記事も読んでみようかな?という考えになります。

そしてほかの記事もアクセスが伸びてGoogleからも高い評価を得ることができます。

 

しかし自己満足の記事をいくら書いても、読者さんはその記事をまた読みたいとは思わないはずです。

ここで伝えたいのは、「いかにお客様目線に立って物事を考えられるようになるか」ということです。

 

アフィリエイトで言うならば「自分が稼ぎたいという気持ちを前面に出してはいけない」

たしかに収益を上げていくことが大事なのですが、肝心なのは「読者の悩みを真剣に解決してあげる」ということです。

あなたの悩みはこの商品で解決できるということを教えてあげるという感覚です。

そういうふうに記事を書いていけば自然と商品が売れるようになって、価値を提供した対価として収益が入ってくるようになります。

これがアフィリエイトの本質であると僕は思っています。

 

常にマーケットイン・ForYouの精神を忘れずに記事を書いていっていただけたらと思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました